qr

日本の『駆逐艦』~英語ではDestroyerと呼ばれる~ マニアクイズ検定 全120問 APK

駆逐艦(くちくかん、英: destroyer)は、19世紀末に出現した艦種である。<br>自衛艦類別表の大分類:警備艦、中分類:機動艦艇、種別:護衛艦となる。

Version1.0.0 (0)
UpdatedSep 24, 2018 (2 years ago)
Developerflatstay
CategoryApps, Entertainment
IDnet.jp.apps.flatstay.kutikukanjapanquiz
Installs100+

日本の『駆逐艦』~英語ではDestroyerと呼ばれる~ マニアクイズ検定 全120問
駆逐艦(くちくかん、英: destroyer)は、19世紀末に出現した艦種である。
護衛艦(ごえいかん)は、海上自衛隊が保有する自衛艦の分類の1つ。自衛艦類別表の大分類:警備艦、中分類:機動艦艇、種別:護衛艦となる。

国際法上は、自衛艦旗(国際法上で定義される軍艦旗)を掲揚し、自衛官(国際法上で定義される戦闘員)が運用しているため、軍艦と見なされる。英語ではDestroyerと呼ばれ、駆逐艦と見なされている。
>プライバシーポリシー
もともとの名前を水雷艇駆逐艦(英: torpedo-boat destroyer)と呼び、水雷艇(英: torpedo-boat)を駆逐する艦種だった。第二次世界大戦までは魚雷を主兵装とし、駆逐艦隊は別名水雷戦隊と呼ばれていた。出現当初から第二次大戦のころまでは、軽巡洋艦より小型だが砲艦より大型で、航洋性を有しており、軽装甲であるが高速で汎用性が高いといった位置付けだった。

20世紀後半から現代にあっては、戦艦や巡洋艦といった、駆逐艦より大型の艦が過去のものとなった、あるいはなりつつある。その一方でフリゲートやコルベットといったより小型の艦が存在感を増している。駆逐艦自身も大型化し、現代海軍では航空母艦や揚陸艦に次ぐ大型の軍艦となりつつある。

第一次世界大戦での地中海派遣日本海軍第二特務艦隊など「駆逐艦が主役として」編成された重要艦隊も過去には存在した。ワシントン海軍軍縮条約以降は、次第に巡洋艦として航続距離と高速性を兼ね備えた大型艦が建造されるようになった。第二次世界大戦では陸戦中心だった欧州戦線に対して、アジア太平洋地域での交戦時に海戦となる事が多かったため、潜水艦と共に艦隊防空の任を任せられる駆逐艦部隊が再び活躍した。

戦艦や重巡洋艦クラスの排水量を持つ艦艇が、小型で攻撃力を備えたミサイル艇といった専門艦艇による対艦ミサイルに切り替わった冷戦時代には、今日の駆逐艦の主力任務となる対潜戦及び防空ミサイル運用が東西両陣営共に海軍水上艦での常識となり、特に5,000トンクラスから10,000トンクラスに至る船体を持つ艦艇でも概ね駆逐艦に分類されるようになった。過去に軽巡洋艦・重巡洋艦とカテゴライズされた艦にも迫る排水量を有することも少なくない今日の駆逐艦は、外洋での行動力と一定の対艦・対空・対潜能力を兼ね備えた艦種として多くの任務を担っており、今日での海軍の主役のひとつといっても過言ではない。

冷戦期には空母戦闘群を構成する艦隊にて艦載機としてのヘリコプター搭載駆逐艦が標準となり、西側諸国が開発したアグスタウェストランド リンクスなどの対潜ヘリコプターは、21世紀の各国海軍での標準装備となった。
多様な作戦任務につく重装備,高速の海軍艦艇。巡洋艦よりも小型。排水量は初め 320t程度であったのが,今日では最大 8000tまで大型化している。通常は 1500~4000tで,全長 95~140m,140~350人ほどの将兵が乗組む。魚雷,中小口径砲,ミサイル,爆雷,ソーナーなどで武装し,30~40knで航行できる。防御用の装甲はない。最初の駆逐艦は 1893年に建造されたイギリスのもので,水雷艇駆逐艦 torpedo-boat destroyerと呼ばれ,水雷艇を駆逐するとともに,魚雷攻撃を行う任務を与えられていたが,のちに駆逐艦 destroyerと改められた。旧日本海軍が最初に保有した駆逐艦は『東雲』といい,当時はまだ水雷駆逐艇と呼称され,また 1000t以上を1等駆逐艦,以下を2等駆逐艦に分けた。第1次世界大戦後,各国海軍は,艦隊決戦において駆逐艦を,敵艦隊に対する魚雷攻撃,または回避運動を強要することによって敵艦の砲撃の精度を狂わせるために使うことに主力をおいた。また,駆逐艦は戦艦や航空母艦の周囲を警戒し,潜水艦の襲撃にそなえ,さらに防空にあたる任務を与えられた。第2次世界大戦では,船団を護衛するために従来の駆逐艦よりも小さな護衛駆逐艦 destroyer escort(DE)が登場した。 1939年9月にはイギリス 188隻,ドイツ 30隻,日本 138隻,アメリカは新型艦 97隻と前大戦型艦 153隻の駆逐艦を保有していた。大戦後は巡洋艦などの大型艦艇に代って駆逐艦が大型化する傾向にあり,アメリカのスプルーアンス級駆逐艦は排水量 8000t (満載) ,アーレイバーク級駆逐艦は 8315t (満載) ,旧ソ連のソブレメンヌイ級駆逐艦は 7300t (満載) である。海上自衛隊では駆逐艦を護衛艦と呼んでいるが,一般にはフリゲートを護衛艦と呼ぶ。

完全無料です。
プライバシーポリシーについて
このアプリは、
このアプリのいかなる場所においても
個人情報の収集及び利用はしておりません。
このアプリで生じた損害につきましては
一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
アプリの運営に際し、
広告を掲載致しております。

See more
See more

See more