ウェブページ専用のスクリーンショットアプリ!ボタンひとつでページ全体が1枚の画像になります。

広告

最終のバージョン

バージョン
アップデート
2018/04/25
開発元
カテゴリー
Google Play ID
インストール
10,000+

ウェブクリッパー アプリ

***注意事項***
スクリーンショット画像を共有するときに、一部のアプリでは画像が圧縮処理をされ、文字や画像が読み取れない状態になる場合があります。

■ ウェブクリッパーって何?

ウェブクリッパーとは、ウェブブラウザ機能を備えたウェブページ専用のスクリーンショットアプリです。

スクロールや画像を連結する必要はなく、カメラボタンを1回タップするだけで、ウェブページ全体が1枚の画像として保存されます。

■ どんな時に役立つ?

ウェブサイトを見ているときに、気になったニュースの記事、面白い写真、あとでじっくり読みたいと思ったブログの文章、料理サイトの美味しそうなレシピを見つけたら、そのページ全体をそのまま画像として保存できます。

撮った画像は、SDカードに保存される(設定から変更可能です)ので、いつでも見返すことができます。また、メールに添付したり、メッセンジャーで送信して共有することができます。

■ 主な使い方

1. ウェブブラウザなどのアプリ(Chrome、Firefoxなど)を使用中に、画像として保存したいウェブページを見つけたら、そのアプリのメニューなどにある「共有する」をタップします。

2. 共有可能なアプリの一覧がでてきたら、その中から「ウェブクリッパー」を選択します。

3. ウェブクリッパーが起動し、先ほどと同じウェブページが表示されるので、アプリ上部のバーにあるカメラボタンを押しウェブページのスクリーンショットを撮ります。

※多くの情報が掲載されているウェブページは撮影に時間を要しますので、カメラボタンを押した後、撮影が終わるまで若干時間がかかる場合があります。

■ こんな使い方もできます!!

毎朝チェックするニュースサイトで、気になった記事を新聞の切り抜きをする感覚でクリップしておきましょう。
保存した記事は画像ですので、オフラインでも読み返すことができます。

定期観測的に、同じウェブページの「今」を保存して、あとで比較しながら見返してみると面白いかもしれません。
意外な発見があるかも!?

ウェブデザインの勉強をしているのなら、スマホでの見え方を確認するのに役立つかも。
細部へのこだわりは画像にして保存しておきましょう。スマホに保存されている未公開、作成途中のHTMLファイルも開けます。

■ 設定項目

撮影範囲の選択
→ ページ全体、見えている部分のみ、キャプチャごとに選択の3つから選択できます。
※キャプチャごとに選択を選ぶと、撮影時にページ全体か見えている部分のみかをその都度選択できます。

ウェブサイトの情報を付加
→ 保存画像のヘッダー部分に、ウェブサイトの情報を付加する機能です。
するを選択した場合は、表示させているウェブサイトのタイトルとURLが保存画像の上部に付加されます。
※情報は撮影の前に編集(日時やメモなどの追加)が可能です。撮影後は1枚の画像になるので、テキストのコピーや編集はできません。

画像ファイルのフォーマット選択(JPEGかPNG)
→ 劣化のない画像で保存をしたい場合はPNG形式を選択します。普通で良い場合はJPEGを選択します。

画像の品質を選択(高、中、低)
→ 保存する画像の品質を選択できます。

保存先の選択
→ スマホ端末内にある任意のフォルダに撮った画像ファイルを保存できます。(※ただし、選択できないフォルダもあります)

保存時にファイル名を指定するかしないか
→ するを選択した場合は、アプリのカメラアイコンをタップした時に、ファイル名を入力するポップアップが表示されます。

初期ページのURL変更
→ アプリのアイコンをタップして起動させた時、はじめに表示されるページです。(例: https://www.google.co.jp/)

検索エンジンの変更(DockDuckGo、Google、Bing)
→ アプリ上部のアドレス(URL)が表示されている部分に、任意のキーワードを入力してエンターキーを押した時に使用する検索サイトです。

※みっちゃんラボは、このアプリケーションの使用に起因する損害に対する一切の責任を負いません。

- - - - -
※広告の表示されない有料版もあります。
ウェブクリッパー Plus
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.micchan.webclipper.plus
価格: 110円
- - - - -
もっと見る